2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.12.10 (Sun)

慌ただしい二人の時間

今夜は、彼と一緒に食事をしようと約束してたので、何やかやと用事を済ませた後、ネットカフェで仕事用の資料を作ってるはずの彼に電話。すると「まだほとんどできてない」との返事。

そこで、「髪を切ってから迎えに行こうか?」と尋ねると、「それでもいいけど、どうせその程度の時間じゃ終わらないから、無理に時間をつぶさなくてもいいよ」と彼。

時間つぶしのつもりではなく、ホントに行きたかったんだけど、さっさと食事を済ませて彼を解放してあげた方が早く家に帰れていいかなと思い、すぐに食事をすることにした。

食事を済ませてひとしきり喋るうち、「まだ早いから、どこかでクリスマスライトのきれいなところないかな」と彼が言い出す。

ええ、ええ、知ってますとも!!でも、仕事はいいの?
そんなことを内心思いながら、少し前に地元のテレビで見たきれいに飾り付けをした診療所がすぐ近くだったことを思い出し、車を走らせる。

大通りから少し入った閑静な住宅街のど真ん中にあるその診療所は、建物と塀の周囲を青、赤、白のLEDで豪華に飾り付け、壁には大きなサンタとトナカイが
見物客は僕たちだけ。二人して「すごいね~」と言いながら、しばらくきれいな光の装飾を楽しむ。

車に戻っても、彼はもう少し大丈夫そうだったので、もう一カ所足を伸ばしてみることに。でも、場所がうろ覚えだったので、結局見つけられないままに時間がなくなってしまい、諦めて彼を家の近くのネットカフェに送り届けることになった。

こんなことなら、さっさと解放してあげるか、どうせ一緒にいるなら、いつものように河川敷で少しだけでも「甘~い時間」を過ごせばよかった(笑)

車の運転に必死で彼の話をきちんと聞いてあげられてないところもあったし。思えば、別れ際の彼は、ちょっと元気がなかったかな~(ま、面倒くさい仕事を目の前にして元気な人も少ないだろうけど・・・)。

次の週末もお互いに忙しそうなので、お泊まりetc.でゆっくり時間を過ごすことは難しそう。せめて電話やメールでお互いを元気づけられればいいかな~。

ランキング参加中。応援していただけると励みになります。
スポンサーサイト

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  23:54  |  デートのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。