2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.09.12 (Tue)

誰かを好きになるっていうこと

本日二度目の更新。滅多にないこと。

ある人のブログを読んでて思った。その人は片想いながら、一人の男性のことをずっと想っている。その気持ちが、ただブログを読んでるだけのはずの僕の心にぐさっと突き刺さった。

僕はいったい、、、

昔々、身の回りにいたノンケを好きになって、その想いをひとり胸の内に秘めていた頃のこと...

【More・・・】

一旦ある人を好きになると、しばらく(数年)は、その人のことが頭から離れなかった。決して叶うことはないと知りながら、やっぱり好きで、その人に彼女ができたり結婚したりしたときは、切なくて、悲しくて、辛い思いをしたものだ。

ゲイとして活動を始めてから、ノンケを好きになることはなくなった。もうあんなに切ない思いはしたくなかったから。でも、だからって、ゲイの誰かを深く好きになることもなかったかもしれない。彼氏に近い人がいたこともあった。でも、ちょうど日本から海外、海外から日本と転勤が続いた頃だったので、その人たちとは長続きさせられなかった。

いや、長続きさせられないことが分かってたからこそ、彼氏に近い存在を安心して持てたのかもしれない。実は、僕はまだ結婚に対する希望を諦めていない。いつかは結婚して、親を安心させ、できれば自分の子どもも持てたらいいなと思っている。

「どうせそのうち遠く離れてしまうんだから、将来的に後腐れが残ることもないだろう」そんな気持ちが潜在的に働いていたような気もする。もちろん、当時はそんなこと考えてなかった。ただ、ひたすら、ひとりの人と一緒にいられることに安らぎを感じ、うれしかったんだ。

じゃあ、いま、こうしていろんな人と会って、ときにエッチもしながら、日々を過ごしているのはなんでだろう?自分にぴったりとあう人を探してると言ってしまえば簡単だ。でも、本当にそうなのか。やっぱり結婚をどこかで意識してしまっているんじゃないだろうか。

じゃあ、結婚するために何かしてるのか?というと、それはない。いつか、、、という気持ちだけで、具体的な行動は男の方を向いてばかり。

いま仲良くしてるL君も、何年先かは分からないが、いつかはお国に帰るだろう立場。そして、彼の場合、いまのところ僕を特定の相手にしようとまでは思っていないように見える。そんなところが「後腐れない」に通じて、彼のことが気になってる気がしてるのかもしれない。

ある人から、こんなことを言われたことがある。
「のび太は、男でも女でも、まずは、とにかくちゃんとした恋愛をするところからはじめた方がいいんじゃないかな・・・」
たしかにその通り。このままでは、自分がどっちに向かって歩いていったらいいのかわからない。

何もしないうちから、これは間違いかも、、、なんてびびってちゃだめだ。間違いでもいい。ちゃんと一人のことを好きになるところからはじめよう。いろんな回り道をして、時間はかかるかもしれないけど、そこから何か見つけられるはずだから。
スポンサーサイト

テーマ : 同性愛・両性愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  23:37  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■迷いと付き合う

迷うって事は 周波数調整

ビタッと合うまでは
ノイズが入るもんさっ

焦るなっ

情報源がラジオしか無いと考えてみっ
一番聴こえの良いチャンネルで
聴くだろっ?

そういう時期なのさっ

なっ!
だろっ?


G@TEN
G@TEN |  2006.09.14(木) 21:25 |  URL |  【コメント編集】

G@TENさん、

ありがとうございます。そっか。迷いは周波数調整か~。

未だに迷ってる自分が、嫌で嫌でたまらないこともあるけど、そういう考え方ができると少し気が楽になりますね。

いつか僕にもピタッとくる周波数が見つかるといいな~^^
のび太 |  2006.09.14(木) 22:22 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。