2008年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.09.18 (Thu)

すれ違い(後編)

ドラ助のメッセージは、

・翌日早起きしなければいけないのに、掃除とか料理とかやることが多かった上に、僕が手伝ったために思っていたより大掛かりな掃除になり、予定が狂ってしまったことで、イライラしていたこと

・僕が鍋の火加減を見ていた間に何日も前のくさ~い弁当箱を洗ったことに気が付き、今晩だけでもいろいろ手伝ってくれた僕に厳しい態度をとってしまったことを申し訳なく思うこと

・夜も遅いので、もう少ししたら寝るけど、今日中に一言あやまっておきたかったこと(この途中ぐらいから僕が掛けた電話の呼び出し音が背後に聞こえ始めました。)

が主な内容でした。

全て日本語で、きちんと整理されたメッセージだったので、結構時間をかけて考えたものであることは容易に推測でき、少しでも早く寝たいだろうドラ助に余計な手間をかけてしまったことを申し訳なく思う気持ちがこみ上げてきました。

メッセージを聞き終えてからドラ助に電話をすると、やはり、僕が部屋を出てから、やっぱりまずかったんじゃないかと思い始め、それからほかの用事に手を付けられなくなってしまったとのこと。
あらためてドラ助から「ごめん」と謝ってくれ、僕は僕で、「ドラ助のために」と思いながら、結局は相手の気持ちを十分に慮らない自己満足でしかなかったことを侘びて、ひとまず一件落着となりました。

部屋の片付けやゴミの始末をはじめ、ドラ助と僕との間で基本的な考え方が違うことはたくさんあります。だから、これからもいざこざは絶えないと思います。でも、お互いに相手をコントロールすることはできません。そんなことは分かってたつもりだし、その意味では、この二年間、僕たちは比較的上手く付き合ってきたと思っていました。

でも、ドラ助のパーソナルスペースに僕が立ち入るようになったのは、ドラ助が引っ越してからのこの半年のこと。僕たちは、お互いに、まだまだ分かってないところがたくさんあります。
ここしばらく、二人の間ではよく似た話が話題に上っていたのですが、それを強烈に知らしめてくれた今回の出来事は、僕たち二人にとって(少なくとも僕にとっては間違いなく)大切な経験になりました。

以前に書いた僕が抱える根本的な問題は相変わらず棚上げのままですが、とりあえず今は、本当の意味でお互いのためになる、そんな関係を目の前のドラ助と築けたら。そんな風に感じた雨の夜でした。

くだらない喧嘩に三話もお付き合いいただき、ありがとうございました^^
スポンサーサイト

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  23:00  |  二人のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2008.09.17 (Wed)

すれ違い(中編)

前回からの続き)

ドラ助の部屋からの帰り道。車を運転する僕の頭の中を行き来していたのは、
「ドラ助なんかのために、何をいままで頑張ってきたんだろう・・・」という思いでした。

ドラ助と出会ってからの2年。僕は、ドラ助のために僕がしてあげられる、できる限りのことをしてきたつもりでした。

車を持たず、主に自転車で移動するドラ助のために、雨が降る日や冬の風が冷たい日は、なるべく仕事の都合を付けて車で自転車ごと家まで送ってあげたり、ちょっと自転車で行くには遠い店に買い物に行きたいときや、荷物がたくさんあるときは、率先して送り迎えを買って出ました。

休日は休日で、ドラ助が行きたい場所やしたいことがあれば、多少疲れてて、休みたいな~と思うときでも、できるだけ付き合ってきました。

部屋で過ごすときも、洗い物は僕がするし、部屋があまりに散らかってるときは、ドラ助の意向も気にしながら最低限の片付けもしてきました。

それもこれも、すべての原動力は、
「ドラ助ひとりではできなくても、僕が一緒ならできることであれば、僕はできる限りの力になりたい。そして、ドラ助の喜ぶ顔を見たい。」
という思いでした。

でも、それは必ずしもドラ助にとって嬉しいものではないんだ…
ドラ助のためを思ってしたことも、ドラ助にはありがた迷惑でしかなかったんだ…
この日のドラ助の反応は、僕にそんな印象を強く与えるものでした。

僕だって、ドラ助との時間を作り、一緒の時間を過ごすためにいろいろ犠牲にしてるものがある…
それを喜んでもらえないなら、そんな苦労自体が無駄なんじゃないか…
一旦マイナスに向かい始めた思考回路は、どんどん加速を続けます。

そんなとき、ポケットの中で携帯が震えるのを感じました。見ると、ドラ助からの着信が切れたところでした。
今夜はこのままお互いに頭を冷やして、冷静になった方がいいんじゃないか、とも思いましたが、履歴を見ると30分ほど間を空けて、二度目の着信だったので、車を道端に停め、彼の部屋の電話に掛けてみました。

20回ほど呼び出し音が鳴って、そろそろ諦めようかと思ったとき、ようやくドラ助の声が聞こえました。
でも、それに続いたのは、「携帯の留守番電話にメッセージを残したから、それを聞いてもう一度電話してきて」という言葉でした。

「どんな言葉が残ってるんだろう。。。」
不安を胸に抱きながら、留守番電話サービスの番号をダイヤルして、メッセージを再生します。

(つづく)・・・長くなってゴメンナサイ。もう一回だけお付き合いください。

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  00:12  |  二人のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.09.16 (Tue)

すれ違い(前編)

先週のこと。またまた「掃除」を発端に、ドラ助と一戦交えてしまいました…^^;

ドラ助のアパートで晩御飯をご馳走になった後、彼は翌日仕事だし、僕も僕で疲れてたので、少し早めに帰ろうと台所を覗くと、翌日の弁当の準備をしてたはずのドラ助が、珍しく掃除をしてました。

聞くと、翌日の仕事が終わった後、友達がアパートに遊びに来るとのこと。それならと、せっかく片付ける気になったドラ助の手伝いをすることにしました。

ところが、手伝っていただけのはずの僕の「片付いてる」の基準が、ドラ助より高いもんだから、彼からすると、いつの間にか「掃除させられてる」感じになったみたい。

でもさぁ、、、何日も前の弁当箱を、持って帰ってきたまま洗いもせずに袋に入れて台所に放置してあるんですよ!床の上に放ったらかしで、ペットボトルも一緒に入ってたから、てっきりゴミでも入ってるのかと思ったよ。しかも、それを僕が見つけて言っても、「ああ、そんなのあったんだ・・・」みたいな反応。

実は、その前に当日の弁当箱を見つけて、それは洗ってあげてたんですが、さすがの僕も、微妙な臭いのしかけた弁当箱を洗ってあげる気にはなれず、ちゃんと自分で片付けてねとだけ言って置いておくことにしました。

そんなさなか、頑張って掃除をしてたせいで、翌日の弁当にするつもりで作っていた煮込み料理の鍋のフタを取り忘れてたことに気付いたドラ助の機嫌がさらに悪化。。。

「汁気が残ってるけど、寝る前に少し明日の準備もしたいし、シャワーも浴びたいから、スープのまま持って行くよ」と若干嫌味っぽく言うドラ助。
ちょっと悪かったかなと思い、「僕が鍋を見ててあげるから、やることやっちゃえば?」と台所に立つ僕に、ドラ助は「ありがとう」はおろか、「うん」とも言わず、パソコンに向かいました。

僕は僕で、ドラ助も忙しそうだしと、問題の弁当箱を洗ったりしながら鍋をかき混ぜてると、10分も経たないうちに、ドラ助が台所にやってきて、僕の目の前にある鍋を無言で取り上げました。
汁気を飛ばすにはまだ30分ぐらいはかかりそうな感じだったので、「仕事ができたなら、シャワーも浴びちゃえば?」と僕が言うと、「今夜中に冷まして弁当箱に入れないといけないから、もう時間がないよ」と若干投げやりなドラ助。

「だったら、最初からそう言ってくれればいいのに・・・」

ここで、一生懸命ドラ助を手伝ってた「つもり」の僕の頭の中で、何かがぷっつり切れてしまいました。
扇風機の前に鍋を置いて冷まそうとするドラ助を横目に、さっさと帰る準備をします。
そんな僕に対するドラ助の言葉は、「のび太のタイミングは僕には合わないんだ」というものでした。

「もういいよ…」

口には出さなかったけど、心の中でそうつぶやきながら、僕はドラ助の部屋を後にしました。

(つづく)

→ちなみに、この問題、一応解決済みです。
とりあえず、戦闘状態は解消してますので、ご心配なく^^

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  00:24  |  二人のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2008.09.05 (Fri)

あ~っと言う間に

9月ですね。

いろいろありつつも、ドラ助とは相変わらず仲良くしてます。

でも、今週はここまで忙しく、ドラ助とは会えてません。
週末も忙しそうなので、今週は会えないままかなぁ。。。

電話では昨夜も話したんだけど、僕がとっても疲れた&家のことで考えなくちゃいけないことがいっぱいあったせいで全然会話が弾まなくて、「こんなことならいっそのこと電話しなけりゃよかった」とちょっと後悔。

今夜も僕の方から電話は掛けたものの、ドラ助は出てくれませんでした。
時間も遅かったし、たぶん寝てるんだと思います。

また、先日はドラ助と危うく大喧嘩になりそうになりました。話題はやっぱり「掃除」でした(笑)
とはいえ、コミュニケーション不足によるお互いの認識のずれが主な原因だったので、「こう思ってるはず」なんて推測ではなく、きちんと話すことが重要だなと改めて感じました。

何だかんだ言いながら、僕は元気にしてます。
ちょっと更新間隔があいてしまったので、簡単な近況報告まで^^

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  00:08  |  日々のできごと  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。