2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.05.15 (Sat)

父の病気

仕事のストレスの次は、目下のもう一つの問題である「父の病気」について。

実は、少し前に、父が病に倒れて入院中です。

命が助かったのは不幸中の幸いですが、どうやら治療&リハビリが上手くいっても、最終的に介護が必要であることは間違いなさそうです。

これからリハビリを本格的に始めようという段階なので、どのぐらい回復するか、また、リハビリが一段落した後に家に戻れるのかどうかも不明ですが、実家は父と母の二人なので、戻れたとしても、今度は母の負担が心配だったりします。

僕もそう遠くない場所に住んでいるので、仕事が極端に遅くなった日以外は、なるべく病院に顔を見せるようにしていますが、見舞い程度しかできないので、身の回りの世話はすっかり母任せ…

いよいよ父が家に戻って介護生活となれば、母の負担はいま以上になるし、これはこの先ずっと続くこと。
となると、いずれは僕自身も実家に戻ることを考えなければいけないかもしれません。

いっそのこと、家に戻ることは諦めて、施設に入ってもらった方が、家族にとっては楽なのかもしれないけど、父もまだ60歳そこそこ。できることなら戻りたいだろうしねぇ…

実家暮らしで父の介護を手伝いながら、仕事をして、さらにドラ助との時間をいままでのように確保する。
そんな生活が自分にできるのか…そんなことを思うと、さらに僕の気分は深く沈んでしまいがちになるのです。
スポンサーサイト

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  10:46  |  思うこと  |  TB(1)  |  CM(2)  |  Top↑

2009.10.27 (Tue)

久々に

長い間のご無沙汰でした。

5月末からだから、5ヶ月近く更新しないままで放置してたこのブログ。

・春から仕事が変わって、朝が早くなるなど生活のリズムが変わってしまったこと、
・それに伴って、ドラ助とのデートで遠出をすることも減り、とりたてて書くことがなくなってしまったこと、
・36回目の誕生日を迎え、未だに将来に悩み、答えが出せない自分に嫌気がさしてしまったこと、

などなど、記事を書けなくなった理由はいろいろあるような気がします。

いまでもそれらの状況は変わったわけではありません。

でもね。2~3ヶ月経った頃からは、逆に、ブログを書かなくなったことで、僕自身の生活に停滞感がただよってるような気もしてました。

実際、どっちがどうなのかはわからないけど…。

そんなときに、とある読者の方からいただいたメッセージが、僕にあることを思い出させてくれました。

僕にとって、このブログは、いろんな方と知り合うきっかけになってきました。

直接お目にかかるまでに至った方は決して多くはありませんが、それでも、このブログを始めてなければ知り合えなかっただろう皆さんとの出会いは、僕にとって、大切な宝物です。

これからも、その出会いを大切にしていきたいから。
そして、まだ僕が気付いてない出会いの種から、一つでも芽が出ればいいと思うから。

だから、また、少しずつでも書いていこうと思います。

ここ1年以上、多くて月に2~3回の更新しかしてない僕が、急にたくさん記事を書けるようになるとは思えません。

だから、たまに「どうしてるかな?」って思ったときに、遊びに来ていただければ幸いです。

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  00:37  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(10)  |  Top↑

2009.04.12 (Sun)

もう春なんですね。

前回の記事がバレンタインデー(それも途中経過の報告だけで終わり)、その前の記事は大晦日。

このペースだと、年間記事数が10本を切りそうだということに気付いて、改めてびっくりしているのび太です。

更新が滞っていた最大の原因(自分の怠惰は棚に上げて…)だった年度末の仕事も最大の山場を乗り切り、何とか4月を迎えることができてほっと一息…と思ったら。

なんと、4月から、職場内で配置換えになってしまい、今度は、いままでとは全く違う仕事に戸惑う日々が始まってしまいました。

気が付いたら、花見をする間もなく桜もほとんど散っちゃってるし…
前途多難な2009年度の幕開けって感じです。

この半年ほどほとんど更新できてなかったので、最近はご覧いただいている方もあまりいないとは思いますが、とりあえずは、月に1~2度ぐらいのペースで少しずつ戻していけたらなと思ってます。

(と言いつつ次回が6月になってしまうというのが、大いにありそうなパターンかも…^^;)

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  23:58  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2008.12.31 (Wed)

12月最初で今年最後の記事

前回の記事が11月の終わりで、このままでは12月の記事がゼロになってしまうから、という訳ではないのですが、少し近況報告を。

ドラ助は、12月の下旬から海外旅行に行ってしまいました。

なので、クリスマスのお祝いは少し早い12月上旬に、車で1時間ぐらいのところにある温泉に行ってきました。
本当は、2時間ぐらいかかる山奥に一度行ってみたい温泉があって、そこに向かってたんだけど、途中から雪がどんどん降ってきて、帰れなくなるのが怖くなって引き返してしまったんですけどね。

急に選んだ温泉ですが、目の前に迫る山がうっすら雪化粧してて、なかなかいい感じでした。
ドラ助は、露天風呂に浸かりながら降ってくる大きな雪の結晶を手に取って子どものように喜んでました(彼は、アメリカでも暖かい地方の出身なので、雪は日本に来るまで見たことがなかったそうです)。

夕食もよく行くイタリアンのお店で、お互いプレゼントも用意しない、過去2回と比べるとあっさりしたクリスマスでしたが、時期は早いし、3年目ともなればそんなものなのかもとも思ったり^^;

旅立ったドラ助からは、3日ほど前に、少し遅めのクリスマスメールが届きました。
某国に住む弟を訪ねているのですが、母国でもない、日本でもない外国を満喫している様子がひしひしと伝わってきました。

正月明けには、一度には見きれないほどの写真を見せてくれることでしょう。
それを楽しみにしつつ、新年を迎えたいと思います。

秋以降、更新が滞りっぱなしで、ちょくちょく様子を見に来てくださる皆様には申し訳なく思います。

実は、年明け以降、生活環境が少し変わります。急に決めたことなので、ドラ助にもまだ知らせておらず、ここでも詳しくは書けませんが、決して悪いことではありませんので、ご心配は無用です。

ただ、生活環境の変化に加え、これから数ヶ月は仕事が忙しくなることもあり、更新頻度は上げられそうにありません。いましばらく、温かい目で見守っていただければ幸いです。

2008年は、ドラ助に大きな問題が降りかかったことをはじめ、いろいろあった1年でしたが、それを乗り切れたのは、このブログの存在と、それを通じて温かい言葉をかけてくださる皆様のおかげです。本当にお世話になりました。

皆様の2009年が素晴らしい1年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  22:59  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2008.08.19 (Tue)

足し算の答えは…

今日の記事は、いつものほのぼのから遠く離れたものになってしまいましたが、これが僕のいまの本当の姿です。どうかご容赦ください。

さて、盆や正月は、懐かしい友人に会えて楽しい季節である反面、「まだ結婚しないの?」という、いまの僕にはいちばん嬉しくない話題を持ちかけられる機会が格段に増える季節でもあります。

大学時代の友達に、地元の夏祭りで会った数々の幼なじみたちと、今回のお盆もご他聞にもれず、、、

おまけに、この時期、図ったかのように職場の上司などから見合い話が立て続けに舞い込み、それらをお断りするのにも一苦労。

もちろん、家族からも地味~なプレッシャーは絶えず、何だか四面楚歌って感じです。

そして、何より厄介なのは、僕自身が、いまの生活スタイルに限界を感じているということ。

仕事帰りや週末にドラ助の家で過ごす時間はほっとできる時間なんだけど、自宅での生活や仕事ととはやや切り離されていて、若干二重生活気味。
家族や周囲には、なるべく嘘はつきたくないのですが、かといって100%真実を話すこともできません。

家族から距離を置いて暮らすというのも一つの方法ではあるのですが、それだけでは、
「何で結婚しないの?」
「このまま結婚しないで将来どうするつもりなの?」
こうした問いに、説得力のある答えを返すことはできません。

いずれは年老いる両親の世話。そして、その次は自分自身の番です。
周囲からすれば、僕が、これから目の前に現れるこうした将来を生き抜いていくためには、結婚して、できるならば子どもを持つことが好ましい訳で、僕もそういう考え方は理解できます。将来に対する漠然とした不安は、決して気のせいではないと思いますし。

いくら、僕自身が、いまドラ助と一緒にいて幸せを感じていても、周りにはそれを理解してもらうことができません。むしろ「結婚できない可哀想な奴」「結婚する覚悟のない意気地なし」と見られちゃうのが関の山。そして、その幸せが将来にわたって続く保証はどこにもない、となると、

いっそのこと、ドラ助との生活は諦めて、女性と結婚しちゃった方がいいんじゃないか…
長い目で見れば、僕自身も幸せになれるんじゃないか…
そんな風に思うこともしばしばです。

実は、ドラ助とも、これまで何度かそんな話をしています。
ドラ助は、そんな僕の心のもやもやを、怒るでもなく、呆れるでもなく、非常に冷静に聞いてくれています。
そして、「後悔のないよう、もう少し時間をかけて考えたい」という僕をあたたかく見守っていてくれます。

このブログのタイトル「ゲイ+30代+田舎」の答えは何なのか。
僕には少し見えつつあるような気もしています。
でも、それは僕にとって、とても大きな決断だから、もう少し時間をかけてじっくり考えたいと思います。

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  01:39  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(12)  |  Top↑

2008.05.19 (Mon)

7万、そして300の気持ち

いつの間にやらアクセス数が7万を数えてました。

そして、今回は、きりのいい数字がもうひとつ。
この記事が、ちょうど300番目の記事になります(アドレスだと304番目だけど、下書きのままボツにしちゃった記事が4本あるので・・・)。

平均すると、ほぼ2日で1本の記事を書いてるペース。といっても、300の記事のほとんどは、取るに足らない日常のあれこれと、たまの旅の記録。
そして、そのときどきの出来事に少しずつ重ねる気持ち。

日々の出来事を記録にとどめるだけなら、自分だけの日記帳で十分だけど、ブログという手段を使うことで、面倒くさがりの僕が、皆さんとやりとりしながら書き続けることができ、家族や身の回りの友達とは分かち合えない経験や気持ちを共有できる。

僕とドラ助の将来には、未確定な要素もいっぱいあるけど、少なくともこのブログを始めたことは間違いじゃなかったと、心の底から思います。

これからも、あまり変化のない日記が続くと思いますが、訪れてくださる皆さんあってのこのブログ。
引き続きよろしくお願いします^^

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  23:07  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2008.01.30 (Wed)

6万

いつの間にやら、カウンタが6万を超えてました。

2万に到達したのが、昨年の2月はじめのこと。

その後、4月末に3万、8月はじめに4万、11月はじめに5万と、見事なまでに3か月ごとに1万ずつ伸びてきたアクセス数。

ぐんと伸びることもなければ、がくんと落ち込むこともなく、のんびりマイペースでやってこられたのは、更新の頻度にかかわらず、足繁く通ってくださるみなさんのおかげです。

桜の咲く頃までは、なかなか更新もままならず、ここしばらくのような日々が続くかもしれませんが、これからも、ときおり「のび太はどうしてるかな?」と覗いていただければ幸いです^^

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  01:54  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2008.01.02 (Wed)

のび太の気持ち

僕の住む辺りでは、どんよりと曇り、雪がちらついた元旦でしたが、打って変わって今日はいい天気。
気分もすっきりして、ようやく年が明けたという感じです。

新年松


この正月、妹が甥っ子を連れて帰省してました。
半年に一度ぐらいしか会わないので、毎回最初は警戒心があって、慣れるまでに2日ぐらいかかっていたのですが、甥っ子も四歳になり、だいぶ成長してきたのか、今回は、初日からしっかり遊んでくれました(笑)

しかも、今回、いままでの「おっちゃん」から「おにいちゃん」に格上げ。
(ほら、そこのあなた。「それって上がってるの・・・?」とか言わないように。)
伯父であることには変わりありませんが、やっぱり「おにいちゃん」と呼ばれる方が気持ちいいですね(笑)

僕自身、子どもの頃は、夏休みや冬休みに叔母たちがいとこを連れて帰ってくるのを楽しみにしていました。休みの終わりに彼らが帰るときには、寂しくて涙を流したことも一度や二度ではなかったのを覚えています。

特に甥っ子は一人っ子なので、うちに来たときは、子どもは彼一人。
彼が僕になついてくれればくれるほど、
「僕に子どもがいれば、いとこ同士で遊べるのに。。。」と思う気持ちで、胸が痛みます。

そして、さらに、元旦から「今年こそは何とかしなさい」と僕の結婚問題に切り込んできた両親の胸中を思うと、僕は途方に暮れてしまうのです。

僕にとって、大好きで、大切なドラ助。
一緒にいて、僕にこれほどの幸せを感じさせてくれる人は、いま他には考えられません。
だけど、僕にとって家族が大切であることも、また間違いのないことで。それらは、単純に比較してどちらが大事、なんて言えるものではないのです。

そして、5年、10年、20年先に、僕たちはどんな関係を築くことができるのか。僕は、未だにそのイメージが持てません。お互いの家族に何かがあったとき、そして、僕たち自身に何かがあったとき、僕たちは相手のために何もできないんじゃないのか。。。
少なくとも日本では合法的に結婚することができず、自らの子孫を残すこともできない僕たちには、いろんな試練があることでしょう。

誰もが同じような悩みを抱え、迷いながらも、少しずつ自ら道を切り拓いて前に進んでるんだと思います。
だけど、その意味では、僕は、この1年間でほとんど前に進むことができませんでした。

どんな決断、どんな選択をするにしても、どこかに課題は残り、犠牲にしなければならない部分が出てくるでしょう。僕にとっては、現状維持が、いちばん楽な選択です。
だけど、やっぱりそのままじゃいけないんです。

ドラ助と一緒にいると、どうしてもその幸せに浸りきってしまうのですが、ドラ助が側にいないこの年末年始は、いろんなことを考える機会が与えられているように思います。

今夜は中学校の同窓会。僕の知る限り、未婚の男はほとんどいないはず(女性は未婚が結構いるのに不思議なもんです)。また、いろんなことを考えさせられそうです。。。

あと数日で、ドラ助が帰ってきます。
休み明けからお互いの仕事は忙しくなるけれど、この関係を大切にしたいからこそ、面白くない話を敢えてすることも大切なこと。

日々の平穏さを守ることに汲々として、いつか来る「その日」を漠然とした不安を抱えながら待つのではなく、この1年が終わるとき、少しでも「前に進めた」と感じられるよう、もっと一生懸命にならないと。心からそう思う、2008年のお正月です。

<追伸>
長々と、何ともコメントしづらい記事でごめんなさい。
ここまで書いたものの、アップせずに葬り去ることも考えましたが、それだと嘘になっちゃうので、今ののび太の胸の内を少しでも知っていただくためにも、そのまま載せようと思います。

だからと言って、この問題で僕の頭の中が100%占められているわけではないので、明日からは、またいつもの調子に戻るはずです(それでは意味が無いという話もありますが・・・^^;)。
だから、今日の記事は、コメントしづらいなと思ったら、スルーしてくださいね^^

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  14:29  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2007.12.31 (Mon)

ゆく年くる年

2007年も残りわずかになりました。

この年末年始、ドラ助はひとりで国内旅行中。1週間にわたる旅だったせいもあり、僕は仕事の都合や家庭の事情で同行できませんでした。

休暇中、同窓会や友達と会う予定はちょくちょくあるものの、今日と明日はもっぱら家でのんびり。帰省中の甥っ子に遊ばれてます(笑)

ドラ助と会えない年越しが寂しくないと言ったら嘘になるけど、正月休みが明ければ多忙な日々が始まるはずなので、これはこれで貴重な休息です。

で、会えない代わりと言ってはなんですが、この数日、毎晩のように電話で話してます。
たぶん、今夜ももう少ししたら電話がかかってくるはず。顔は見えないし、触れることもできないけれど、精一杯の気持ちを込めて「あけましておめでとう」が言えたらいいなと思ってます。

話は変わって、このブログの今年の最初の記事は、こんな言葉で締めくくられていました。

>来年の正月を笑って迎えられるよう、充実した2007年にできるといいな。

2006年が、ドラ助と出会い、恋愛関係を一歩ずつ築いてきた「動」の一年だったのに対し、今年は、その関係を安定させ、育んできた「静」の一年だった気がします。充実してたかどうかはわからないけど、少なくとも、正月は笑顔で迎えられそうです^^

2008年はどんな1年になるんだろう。
二人で時間をともにする日々は、楽しく、幸せを感じさせてくれるものではあるけれど、長い目で見れば、僕たちの前にある課題はほとんど一年前そのままで、もしかしたら、それは乗り越えられない壁かもしれなくて。。。

同い年の僕たちは、来年35歳になります。また、お互い仕事の面で多少の変化がある兆しもあり、もしかしたら、次の1年で僕たちの関係は大きく変わるかもしれません(向かう方向の良し悪しはわからないけれど)。

一方、このブログはと言えば、この1年間で新しくコメントをいただける方も増え、不定期更新のマイペースではありますが、何とか続けてくることができました。

いつも書いてるような気もしますが、みなさんの温かい言葉のおかげで、いろんな意味で僕は勇気付けられています。
正月休みが明けると、睡眠時間の確保さえ忙しくなるので、更新間隔がさらに広がるかもしれませんが、よかったら来年も引き続きお付き合いのほど、よろしくお願いします。

それでは、2008年が、みなさんにとってよい1年でありますように。

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  23:58  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2007.12.16 (Sun)

察してくれ、というのは無理なのでしょうか。。。

今朝、ドラ助に電話すると、まだ本調子ではないものの、体調は快方に向かっている様子。
よかった。病院に連れて行く必要はなさそうだ。

ホントは、デートできないなら、この機会にあれやこれや用事を済ませて・・・と思ってたんだけど、食料品の買出しに連れて行ってほしいと頼まれ、体調が悪くちゃスーパーに行くのも大変だろうとOKする。

朝はまだ早いし、午前中か、午後の早い時間には終わるだろう。
と思ったのが甘かった。

まず!

1時間ぐらいしたら電話すると言ったドラ助からは、2時間を過ぎても音沙汰なし。
すぐに迎えに行けるように、家を出てドラ助宅の近くでうろうろしてるというのに。

調子が悪くて寝てるなら電話しちゃ可哀相だなと考えてると、ようやくドラ助から電話。
出かける準備に30分かかる、との言葉に、やっぱり体が辛くて寝てたんだろうと勝手に解釈。

ドラ助を車に乗せた頃には、最初の電話から4時間が経過。
なんだよ。ここまでで半日つぶれちゃったじゃん。。。。
という言葉は胸のうちに隠し、彼の体調を気遣う言葉をかける僕。

ところが!!

100%ではないまでも、なんか元気そうなドラ助。
買い物も、少し離れたスーパーぐらいかと思ったら、中心街のデパートにある輸入食料品店や、ホームセンターにも行きたいと言う。
それって、今日じゃないといけない買い物なの?
あんたホントに病気なの・・・??

しかも!!!

「昨夜はDVDでお気に入りのドラマシリーズをようやく見終えることができた^^」なんて喜んでるし・・・
今朝もずっとテレビ見てたって。

そんなことしてるから、調子がなかなか良くならねぇんだよ!!!

と喉まで出掛かったものを、体調が悪いのは事実だからと、ぐいっと飲み込む。

いつだって彼はそう。寝たってすぐ良くなる訳じゃなし、部屋でじっとしてれば同じでしょ。って発想。
僕は、ドラ助のそういうところが気に入らない。
画期的に良くはならないかもしれないけど、テレビを見てるよりは早く治るし、体調の悪い週末は、翌週の仕事に差し支えないように寝て、少しでも体力を回復させるべきだと僕は思ってるから。

デパートでは、ついでだからとデパ地下にまで足を伸ばすドラ助を見てイライラ。
挙句に駐車場で料金を払おうとする僕を見て何も言わないドラ助にまたイライラ。
今日は彼の用事で来てるだけなのに、何で僕が払うんだろう、、、と、普段のデートでは気にもならないことがいちいち気に障る。

とうとう、最後に立ち寄ったホームセンターで、僕は彼に同行せず車の中に残ることにした。
ま、単に機嫌が悪いせいじゃなく、時間帯的に知り合いに会いそうな予感がしたせいもあるんだけど・・・^^;

ドラ助は、僕が疲れてるんだと思ったみたい。ひとつ口にすると、全部吐き出してしまいそうだったので、とりあえずそういうことにしておく。体調が悪いドラ助に当たっちゃ悪いしね。。。

てな訳で、ドラ助を車に乗せてから4時間、朝の電話からだと8時間が経過。全部終わって彼を家に送り届ける頃には、日が暮れようとしていた。
「せっかくの日曜日がもう終わりだね」という僕なりの嫌味も、ドラ助には通じなかったみたい(日本語だったし、文字通りの意味に取られて当然といえば当然なんだけど・・・)。

家に戻ってから考えてみれば、些細なことばかり。

そして、何よりいけないのは、僕が「今日は自分にもしたいことがある」ってことを、体調が悪いというドラ助に遠慮して、はっきりと言わなかったこと。

でもさぁ、1年以上付き合ってるんだから、もしかして何か気に入らないことがあるのかな?と気が付いてくれてもいいと思うんですけど、これって僕のわがまま?(のび太のつぶやき)

↓ランキング参加中。
押していただけると励みになります。

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  22:53  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2007.11.04 (Sun)

5万

ブログを書き始めた頃のように、カウンタの数字の伸び具合に一喜一憂することはなくなったけれど、キリのいい数字が目に入ると、不思議と一言残したくなります。

何だかんだで、ドラ助と付き合い始めて1年が過ぎました。

この1年、いろんな思い出を二人で重ねてきて、少なくとも、僕にとっては、ドラ助がそこにいることが「当たり前」のことになりつつあるように思います。

それと同時に、いつか僕と彼の進む道が迎えるであろう分岐点の存在が、ともすれば消えてなくなったかのように感じることもあります。
だけど、それは、はっきり見えなくなっただけで、やはりそこにあって。。。

最近、ドラ助は新しい仕事を探そうかと考えているようです。
でも、それは、二人が出会った頃に彼が考えていた、遠くへの引越しを伴うものではなく、いま僕たちが暮らしている地域で見付けられるもの。

もちろん、ずっと続けるための仕事ではないようです。彼自身も、少し害している自分の健康のためであって、僕のためではないと言い張ってるし。
でも、やっぱり、彼なりに、二人の進む道を意識しての判断であることには違いないと思います。

じゃぁ、一方の僕はどうかというと。。。
相変わらず、家族にはドラ助とのことを隠したままの実家暮らし。
僕もいよいよ来年には35歳。いくら晩婚化の世の中とはいえ、そろそろ結婚しないことへの言い訳が難しい年齢です。
家族からの結婚へのプレッシャーを、いつまでのらりくらりとかわし続けることができるやら。。。

やはり僕にも何らかの決断が迫られているんだと思います。
ただ、はたして僕にはどんな決断ができるんだろう。。。
いくつか道は考えられるものの、どの道を進むべきなのか、悩みは尽きません。

いずれの道を選ぶにせよ、後悔はしたくない。

1年前も同じことを思ってた訳で、何も変わってない自分がもどかしくもありますが、おそらく次の1年の間には何らかの決断をしなければいけないでしょう。

どんな決断をしても、自分の周りの誰かの期待を裏切り、失望させることになると思います。
もちろん、自分の人生だから、自分がどうしたいのかが第一ですが、誰かを失望させることは、やはり辛いことです。
辛いことだけに、どうしても先送りしてしまうのですが、日々の幸せに浸りきることなく、その辛い部分をしっかり見詰めていかなければいけないなと思っています。

↓ランキング参加中。
押していただけると励みになります。

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  23:59  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2007.09.12 (Wed)

知ること

とある方のブログで拝見したバトンです。

バトンと言っても、よくある質問形式のバトンとはちょっと違います。
ムコ多糖症という子どもの病気に関するバトンです。

実は、このバトンについて記事を書くかどうか、少し迷いました。

病気を抱える子どもやその家族は、ずっと病気と付き合い、闘い続けています。そこに深くかかわる覚悟もない他人が、こんなおちゃらけブログで軽々しく触れていいものか。

たとえ、こうしたバトンの連鎖で一時は支援が盛り上がっても、すぐに廃れてしまうことでかえって当事者の方に混乱や失望感を与えてしまうのではないか。。。そんな恐れは今も消えません。

でも、病気に苦しんでいる子どもがいることは事実です。決して人気ブログではありませんが、少しでも多くの人にその事実を知ってもらうための一助になるのであれば、それはそれで意味があることだと思い直し、記事にすることにしました。

以下の記事を読む、読まない。このバトンをつなぐ、つながないは、読者の方のご判断です。

以下【本文】
******

この病気は、人間の中でも小さい子達に見られる病気です。

しかし、この《ムコ多糖症》という病気は、あまり世間で知られていない(日本では、300人位発病)つまり社会的認知度が低い為に、今厚生省やその他製薬会社が様々な理由を付けて、もっとも安全な投薬治療をする為の許可を出してくれません。

ムコ多糖症は日々病気が悪くなる病気で、発症すると殆どの人が10~15歳で亡くなります。

8月7日「SCHOOL OF LOCK」というラジオ番組で湘南乃風の若旦那が語ってから、私達に出来ることを考えました。 それで思いついたのが、このバトンという方法です。

5~6歳の子供達が厚生省にスーツ姿で出向いて自分達が生きる為に必死に頭を下げたりしています。この子達を救う為に私達が出来ることは、この病気を多くの社会人に知ってもらって、早く薬が許可されるよう努力することだと思います。
みなさん、ご協力お願いします。

[ムコ多糖症]
ムコ多糖を分解する酵素が先天的に欠損している為、体内に蓄積することで様々な異常が引き起こされる病気。

多くの場合、身体や精神の発達遅滞、骨の変形、水頭症なども伴う。重症の場合は成人前に死亡する。

今のところ有効な治療法が無いので、骨髄移植や遺伝子治療の臨床成果が待たれる病気の一つである。

http://www.muconet.jp/

******

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

↓ランキング参加中。
押していただけると励みになります。

EDIT  |  23:57  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.08.02 (Thu)

4万

何だかんだでアクセスカウンタが4万を超えました。

もうすぐこのブログを始めて1年。

最初から、マイペースの更新でしたが、ここしばらく、更新頻度がさらにがた落ちで、せっかく見に来ていただいても新しい記事がない、ということが多いのではないかと思います。ごめんなさい。

もともと文章を書くのがあまり得意じゃない僕が、ぽつりぽつりとながら記事を書き続けてこれたのは、まず何より、折に触れてコメントを寄せてくださる皆さんのおかげです。ありがとうございます。

そして、もうひとり、僕がブログを続けてくるために大事な役割を果たしてる人が。
そうです。皆さんお察しの「彼」です 笑

ちょうど彼と出会った頃に、僕はこのブログを始めました。でも、それがブログを始めた直接のきっかけではありません。
とはいえ、彼との出会い、そして恋人と呼べる関係への進展がなければ、おそらくこのブログは、最初の数ヶ月で終わってしまってたことでしょう。

こんな風に僕にブログを続けさせる力をくれてる皆さん、そして彼氏に感謝です。

さて、今夜は台風が来てるということで、早々に仕事を切り上げて家に帰ってきました。といっても、思ったほど近付いて来なかったので、そんなに酷い風雨でもないのですが。。。

帰宅前に彼に電話してみたら、今夜は「ハリーポッター」を見に行くつもりだと言ってました。いったい、何を考えてるんだか・・・

ま、彼も何かと忙しい人で、毎晩何だかんだと予定があることが多いので、僕が大人しく家に今夜は絶好のチャンス(僕は第1作しか見てないので、「ハリーポッター」デートはないのです)。

今夜はさすがに人出も少ないはずだから、きっと、ゆったりした空間で映画を楽しんでることでしょう。

彼の家は映画館の近くなので、多少天気が悪くても大丈夫だとは思うんですが。。。やっぱりちょっと心配。

もう少ししたら、映画が終わるはずだから、家に帰る頃を見計らって電話してみようかな。。。

↓ランキング参加中。
押していただけると励みになります。

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  23:58  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(10)  |  Top↑

2007.05.31 (Thu)

ウソじゃないもんね

唐突ですが、もうすぐ34歳になるのび太です。

この歳になると、上司や同僚、友だちから向けられる、「そろそろ結婚しないの?」という話題に「まだ早いから・・・」とは返しにくい。

ひと頃は、「仕事が忙しいし、出会いもなくて」なんて誤魔化してたけど、ちょっと世話好きな人だと「じゃあ、いい人が・・・」なんて話になっちゃって、ややこしくなるので、最近は「結婚の予定はないけど誰かいる」ことにすることが多い。

「ことにする」っていうか、「誰かいる」のは事実だしね(笑)

とりあえず、付き合ってる人がいることだけ匂わせておけば、それ以上突っ込んでくる人は、幸いにしてあまりいない。質問されても、せいぜい「社内の人?」とか「地元の人?」とか「年上?年下?」とか。これぐらいなら、「yes」か「no」で、ウソにならない程度に返事できる。

唯一困るのが、「まさか外国人じゃないよね」という質問。相手は、まさかそんなことはないと思って冗談で聞いてるから、「yes」なんて正直に答える訳にもいかず(っていうか、答えちゃったら突っ込みどころ満載だし・・・^^;)

ただ、結婚の話題になると、いつも胸の中に割り切れない思いが残ってしまうのも事実。

彼が家族や何人かの親友にカムアウトしてるのを見ると、いっそのこと僕も信頼できる人を選んでホントのことを打ち明けてしまおうかな、なんて思うこともあるけれど、やっぱり、そこまでの覚悟はないな~。。。

↓ランキング参加中。
押していただけると励みになります。

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  23:24  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2007.04.30 (Mon)

3万

一週間も間が空いてしまいました。。。

特に仕事が忙しかった訳でもないのですが。。。

で、しばらく間が空いてしまった間に、アクセスカウンタが3万を超えてました。カウンタの記録を見る限り、突破したのは、おそらく4/26頃のことと思われ。。。

1万から2万が2か月だったのに比べると、今回は3か月とゆっくりめ。でも、これがのんびり屋の僕らしいペースなのかなと自分では思っています。

記事の更新ペースが落ちているのにあわせるかのように、アクセスのペースも最近下がり気味(ついでにランキングも下がり気味、って、これだけ更新してなければ当たり前か・・・笑)ですが、何だかんだでここまで続けることができたのは、更新が滞ってもマメにアクセスしてくださり、ときに温かいコメントを寄せてくださるみなさんのおかげです。ありがとうございます。

最近は、正直、そろそろ潮時かな、、、と思うこともありますが、このブログを始めてから、まだ8か月。いまのところは、とりあえず、もう少しこのまま続けてみようと思ってます。

どうぞこれからも、温かく見守ってやってくださいね^^

↓ランキング参加中。
押していただけると励みになります。

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  01:48  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.03.19 (Mon)

サクラ色

去年の春のこと。

週末に買い物に出かけた店で、たまたまアンジェラ・アキのライブに遭遇。その歌声に込められた力に、思わず鳥肌が立ってしまったのが彼女との出会いだった。

今夜は、そんな彼女とテレビで再会。昨年末に武道館で開いたピアノ弾き語りライブまでの道のりをたどるドキュメンタリー。

彼女が、武道館で披露するために作ったのが、最新作の「サクラ色」http://www.youtube.com/watch?v=EekK6etF7CM
ワシントンDCの大学に通いながら、音楽に恋愛に、いろんな経験を重ねた頃の思いを綴った曲。ポトマック川のほとりに咲く桜並木を歩きながら、夢と挫折の両方を味わった彼女の「サクラ色の時代」。

当時から10年、長く苦しい葛藤を経て、それでも諦めず、必死に夢にしがみついて頑張ってやってきたものが、いま花開く。そんな経験が、彼女の歌に説得力を与える。

もうすぐ今年の桜が咲く。

いつかは思い出になってしまう彼との時間。もしかすると、彼と一緒に見られる桜はこれが最初で最後になるかもしれない。僕にとっては、いまが「サクラ色の時代」。

いま、彼女が当時を振り返るように、
僕もいつか、いまこのときを振り返ることができるかな。。。

~ 恋しくて目を閉じれば
  あの頃の二人がいる
  サクラ色のあなたのことを
  サクラ色の私のことを
  サクラ色の時代を忘れない
  ずっと ずっと ずっと  ~

↓ランキング参加中。
押していただけると励みになります。

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  01:52  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.02.05 (Mon)

2万

気がつけば、カウンタの数字が2万を超えました。わ~い。

振り返ってみると、1万を超えたのが2か月前。最初の1万には3か月かかってるから、それよりは短くなりましたね。

ゆっくりマイペースな伸び方ではありますが、少しずつでも遊びに来てくれて、コメントを残してくれる人がいるというのは嬉しいことです。

はじめは、ゲイである自分を冷静に見つめるきっかけになればと思って始めたこのブログですが、いつの間にか、彼氏との日々をみなさんに紹介するブログになってしまってます・・・^^;

最近大したできごともなく、ワンパターン化しつつありますが、これからもこんな感じで続けていきたいと思いますので、引き続きご愛顧の程、よろしくお願いします。

↓ランキング参加中。
せっかくですし、おひとつ如何ですか?

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  01:30  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2007.01.30 (Tue)

あいづち

最近、彼の日本語が、前よりも一段となめらかになってるのを感じる。

かたや、僕の英語は、、、あまり相変わらずで、上達なし。

出会った半年前は、彼の日本語と僕の英語、同じぐらいのレベルかな、、、なんて思ってたけど、いまじゃ彼の日本語の方がかなり上。やっぱり日々の暮らしに使い続けているというのは大きい。

ところで、僕の英語で「ダメだな~」と思うのは、あいづちの下手さ。
ワンパターンになってしまうことと、「そうなんだ」的なあいづちしか打てなくて、相手の話を上手く引き出すことができない。

ま、彼の場合は、放っておいても、際限なく喋るので、あいづちを打つ必要がないってのもその理由のひとつなんだけど。。。^^;

とりあえず、「あいづち英会話」なる本を買って勉強中。

これで勉強して、彼との会話に新しいフレーズを使ったら、気付いてくれるかな。。。

↓ランキング参加中。
押していただけると、励みになります。

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  23:59  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2006.12.05 (Tue)

実は10000hit

実は、日曜日に10000hitを達成してました。うすうす気付いてはいたんですが、あらためて記事を書く時間がなくて。。。なんて言い訳してみたりして。

カウンターをつけて約3か月。マイペースで地味~に更新を続けてるだけに、カウンターの伸びもマイペースですが、最近はコメントをいただける方も少しずつ増えてきて、たいへんありがたく思ってます。

もちろん、いままでコメントいただいたことのない方からのコメントもいつでも大歓迎です。「仕方がない、一言残してやるか」と思ったそこのあなた!!ぜひお気軽にどうぞ(笑)

何かと忙しくて更新も少々手抜き気味の今日この頃ですが(と、また言い訳)、これからもぼちぼち更新していきますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願いします!

ランキング参加中。よかったらクリックしてください。

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  23:29  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2006.10.29 (Sun)

ダイエット

実は、この半年、ダイエット取組み中。といっても、食事の量を減らしてるだけだけど。

半年で5kgほど減ったものの、ここしばらくは増えたり減ったりを繰り返し、食事制限だけでは限界がきてる感じ。運動しなきゃいけないのは分かってるんだけど、根が不精者なので、せいぜいやっても散歩ぐらい。

やっぱりいちばん気になるのは腹回り。最近は、「こういうのもいいかも」と言ってくれるけど(涙)、L君の本来の好みは筋肉質系。僕も多少はプニプニしたお腹を引っ込めるように頑張らなきゃな。

FC2ブログランキング参加中。ダイエットがなかなか思うようにいかない人(もちろんそうじゃない人も)、クリックしてみてね。

テーマ : 同性愛・両性愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  00:17  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.10.23 (Mon)

5000hit&2か月、そしてこれから・・・

今日、アクセスカウンタが5000を超えた。このブログをはじめて約2か月。決して早いペースではないけど、少しずつカウンタの数字が増えていくのを見ると、何だかうれしくなる。

この2か月に書いた記事をざっと読み返してみた。最初の頃は、故郷に帰ったL君の不在を寂しく感じていたことがよくわかる。そして、何かを探していろんな人との出会いを繰り返してた僕。

L君が戻ってきた後は、記事の多くが彼に関するもの。日を追うごとに、僕の中で彼への気持ちが高まってきたのが見て取れる。彼が僕のことをどう思ってるかにやきもきして、彼の反応に一喜一憂してた僕。

そして、この1週間は、自分でも思ってなかったような急展開。お互いの気持ちを確認し合い、これから僕たち二人の関係を続けてみることになった。

この2か月でこれだけの変化があった。今年はまだ2か月残ってる。年末を迎える頃には、僕をとりまく世界はいったいどれぐらい変わってるだろう。楽しみでもあり、不安でもあり。

これからも、こんな僕のブログを、暖かく見守ってやってください。

ついでに、
FC2ブログランキング参加中。よかったらクリックしてみてね。

テーマ : 同性愛・両性愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  21:45  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.10.17 (Tue)

ステレオタイプ

某局のドラマを見てたら、ゲイっぽい登場人物が出てきた。オネエ口調で喋って、仕草はなよっとしてて。。。ドラマに限らず、バラエティも然り。テレビに登場するゲイは、そういう露骨なキャラが多い気がする。

もちろんそういうわかりやすいキャラのゲイはたくさんいるし、世間ではそういう人の方が目立つ。また、逆に、現実にはそうじゃないゲイもいるってことを理解してくれてる人も世の中にはいる。ま、ゲイに限らずステレオタイプ化して取り上げなきゃ成り立たないテレビの世界。わざわざ目くじら立てちゃいけないんだろう。

そういえば、何年ぐらい前だったか「ロマンス」ってドラマがあった。当時は自分の中の同性愛的要素に勘付きながら、まだ行動には移せてない頃だっただけに、ドラマを見ながらいろいろ悩んでた気がする。

あの頃は、自分がいまのように行動できるなんて思いもしなかった。最初の一歩を踏み出してからかれこれ6年。思えば遠くへ来たもんだ。

FCブログランキングに参加してみました。もしよかったらクリックしてみてください。

テーマ : 同性愛・両性愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  23:56  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.09.25 (Mon)

I'm going nowhere...

今日(もう昨日だけど)は、珍しく母と一緒にお出かけ。母の実家に墓参りに行ってきた。
じいさんはまだ健在。実のばあさんは20年以上前に亡くなったが、再婚してかれこれ15年以上になる。我が家からは車で10分ほどで、たまに届け物があって立ち寄ることもあるけど、家に上がり込んでじっくり話をしたのは1年ぶりぐらいのこと。

最近の傾向としては、親戚と会うと決まって話題に上るのは僕の結婚に関すること。だけど、どうしたことか今日は全然話に出なかった。ほっとした反面、何だか気を遣われてるようで逆にそれが気になったりして・・・(まだそういう話題がNGになる歳ではないんだけど)

テーマ : 同性愛・両性愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  04:34  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.09.22 (Fri)

メールを待って・・・

先週末の台風の日のデート(?)の別れ際、L君はこう言った。「今度は土曜日ね!また、それまでにメールするから。」

で、メールはいつ来るかな~と思いながら、気がつけばもう金曜日も終わり。新しい職場でいろいろ忙しいことぐらい、わかっているのに、メールぐらいくれてもいいのに・・・とも思ってしまう僕。

先週は待ちきれず僕からメールしてしまった。それまでも、動き始めるのは、ほとんど僕。だから、今週は待とうと思う。これって変な意地?
でも、いくら約束があっても、ただのセクフレから「今度はどうする?」的なメールが毎週のように一方的に来るというのは、気分的にひいてしまうようにも思う。だから、今回はじっと我慢してみるつもり。

L君は、明日会う約束を忘たり、すっぽかすような人ではない。そんなことは、短いけどこれまでのやりとりでわかってる。たぶん明日にはメールか電話が来るんだろう。それまでの辛抱なのだ。
それより、僕って、いつの間にこんな風になっちゃったんだろう???

テーマ : 同性愛・両性愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  23:52  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.09.19 (Tue)

僕の隣で

連休中、夜更かしが多かったせいか、今日はとても眠い。
さっきも、夕食後いつの間にかうとうとしてしまって。そんなときに、「隣に寝てくれる人がいればいいのにな...」と思う。

L君とお泊まりをした先週の金曜日以来、そんな思いが強い気がする。久々のお泊まりエッチに「人肌恋しい病」が再発してしまったのかも。誰でもいい訳じゃないけど、ふと目覚めたときにぎゅっと抱きついたり、そっと手を重ねたりできる人がいると「ひとりぼっちじゃないんだ」と感じられる。あれ、こんなに弱虫だったっけ?僕...

ところで、デザインを変えてみた。もうすぐこのブログをはじめて1か月。ちょっとした気分転換みたいなもの。ついでに過去の記事で長い文章は<続きを読む>を使ってみた。これで多少は読みやすくなるかな?

テーマ : 男同士の恋愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  23:26  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.09.12 (Tue)

誰かを好きになるっていうこと

本日二度目の更新。滅多にないこと。

ある人のブログを読んでて思った。その人は片想いながら、一人の男性のことをずっと想っている。その気持ちが、ただブログを読んでるだけのはずの僕の心にぐさっと突き刺さった。

僕はいったい、、、

昔々、身の回りにいたノンケを好きになって、その想いをひとり胸の内に秘めていた頃のこと...

テーマ : 同性愛・両性愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  23:37  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.08.29 (Tue)

反省:ちょっと言い過ぎました・・・

昨日の記事を読み返してみて、ずいぶん傲慢な物言いをしてしまったと反省・・・

Mさんのメールに僕が違和感を感じたのは事実。でも、人にはそれぞれ話を進めるペースがある訳で、Mさんは僕よりそれがちょっと速かっただけのこと。Mさんがどうこうという問題ではないのだ。

このブログには、ありのままを正直に書くつもりだけど、だからといって、誰かのことを僕の主観で悪く言ってもいいということにはならない。いくら匿名とはいえ、記事の内容には十分注意しなければと思った次第。

テーマ : 同性愛・両性愛 ジャンル : 恋愛

EDIT  |  23:37  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.08.20 (Sun)

はじめに

初投稿。といっても、これまで、ゲイとしてのブログを二~三回作ったことがあるから全く初めてでもない。でも、どれも長続きせず、すぐに消してしまった。

なぜかというと、難しいことを書こうとしすぎたから。ゲイとしての自分を振り返ろうとか、いったい自分が何なのか改めて考えてみようとか。。。

だから、今回は気楽に始めようと思う。その日あったこととか、感じたこと、ときにはゲイとは全く関係のないことも。

そもそもが面倒くさがりなので、更新も途切れがちになると思うけど、長い目で見守ってやってください(って誰に言ってるんだか・・・ ^^;)。
EDIT  |  20:32  |  思うこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。